ダイソンをアマゾンなどで見ていると国内正規品”や”並行輸入品など記載があって、しかも値段が安い。

 

ダイソンの製品を買ってから、自分のはどっちだっけ??

など疑問になる方が多いと思います。

今回は国内正規品と並行輸入品の、比較や見分け方についてそれぞれ見ていきましょう。

  スポンサーリンク  

ダイソンの国内正規品と並行輸入品のそれぞれの違いと注意すべき点

これらにはご存知の通り、値段にも差があって、

国内正規品 値段は高め
並行輸入品 価格は1万円ほど安い場合がある

 

安いならいいじゃん!

と思うかもしれません。

 

しかし、値段だけで見ると後悔します。

次のは保証に関する違い。

国内正規品であれば、しっかりと保証やサポートが国内で受けることができます

反対に、並行輸入品ですと国内のメーカーの保証が受けれない可能性が非常に高い

使用中の掃除機が故障した時には、ダイソンのカスタマーサポートに問い合わせをして、状況に応じてダイソンの従業員が自宅にダイソン製品を回収し、そのあと製品はダイソンサービスセンターに送られ、修理後、製品を自宅へ送る72時間以内に行うというサービスが特徴でもあります

そのほかに、

  • メーカー保証を二年間
  • モーターなどが故障した時の無料修理、付属品などの破損時には新品と交換するなどのサービス

 

こういったサービスが並行輸入品では受けれない場合がほとんどです。

安いのは並行輸入品ですが、壊れてしまって保証が受けれないなんてことになっては、逆にお金を多く支払うことになってしまい、国内正規品の方がよかったなんてことにもなりかねません。

 

国内正規品がしっかり国内で保証が受けれるのに対して

ここで問題なのが、並行輸入品だと故障するとかなり面倒だということ

 

並行輸入品が故障したりすると、保証に出す際は海外へ送る必要が出てくるのです。

 

それなら、国内正規品の方がいいのかというとちょっと違いまして、

今では、日本の販売店でも独自に保証をつけているところもあります。

 

もし並行輸入品が売ってて買う場合は、保証を国内でつけれるか確認してから買うようにしましょう。

 

また、並行輸入品のアマゾンのコメントで、掃除機に髪の毛がついてた。

なんてコメント見たことあります。

それに、もしかすると、正規品ではなくコピー品が紛れている可能性やコンセントプラグが海外用だったりします。

並行輸入品を買うのはとてもリスクではないかと思います。

安心して買うなら、国内のダイソンの公式サイトで買うことをおすすめします。

公式サイトで購入する

そもそもなぜ並行輸入品があるのか

国内正規品というのは、ダイソンの正規代理店・国内直営店がダイソン本社から直接受注して輸入しているというもの。

一方で、並行輸入品は、外国のダイソンの店、海外正規代理店、などから並行輸入業者が輸入して消費者に渡るというものです。

この物流のルートが違うため、値段に違いが生まれるということになります。

 

並行輸入品であればダイソンの製品に関わらず、日本国内未発売の製品をいち早く買うこともできます。

国内正規品と並行輸入品見分け方

説明書が日本語であれば国内正規品でしょう!

説明書が日本語以外の言語で記載されていれば、並行輸入品の可能性が高いです。

もし説明書を捨ててしまった人は、一度ダイソンにお問い合わせするのもありです。

もしかすると、品番を伝えると教えてくれるかもしれません。

ダイソンのカスタマーサービスは、とても親切で対応が良いと言われているので安心です!

まとめ

国内正規品

  • 国内で修理ができるので安心。
  • 並行輸入品に比べて約1万円ぐらい高い
  • 保証が必ずついている
  • 説明書が日本語

 

並行輸入品

  • 国内での保証が受けられない可能性が高い
  • 国内正規品に比べて約1万円くらい安い
  • 日本電源に対応しているが、電源系が海外仕様なのでおすすめできない
  • 説明書が英語

 

間違いなくおすすめは国内正規品です。

スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク