耐久性が凄い?ダイソンドライヤーはどれくらい寿命が持つのか

各種メーカーがさまざまなドライヤーを出している中で、圧倒的な存在感を放っているのがダイソンドライヤーです。

ご存知のように、一般的なドライヤーから考えるとダイソンドライヤーはお高いものです。それでも飛ぶように売れているということでも話題になっています。

ただ、お高いダイソンドライヤーを購入するからには、その寿命が気になるところです。

ここでは、ダイソンドライヤーの寿命についてお話ししていきたいと思います。

  スポンサーリンク  

気になるダイソンドライヤーの寿命は?

一般的なドライヤーの寿命は、ちょっと幅がありますが150時間から400時間ほどと言われています。

どれくらいの頻度でドライヤーを使うのか、1回でどれくらいの時間使うのか、普段どのようにドライヤーを扱っているのかによっても違ってくるのですが、一般のご家庭ではだいたい4年くらいの寿命だと言われています。

もちろん、もっと長く使っているという方も多いでしょうが、それくらいの時間が経過すれば壊れてもおかしくないということです。

そこで気になってくるのがダイソンドライヤーの寿命です。

お高いからこそそうホイホイ買い替えられるものではないですし、お高いからこそ大切に長く使っていきたいところです。

ただ、残念なことにダイソンドライヤーの寿命というのは明らかになっていないようです。

ダイソンドライヤーは話題になっていることもあり、愛用者もかなり多いようです。

実際に愛用している方の口コミや評判などを調べてみると、「すぐに壊れた」といった情報はあまり見受けられません。

お高いダイソンドライヤーですので、もしすぐに壊れるようなことがあれば話題になっているかと思います。

具体的な寿命は現時点ではわからないものの、すぐに壊れるような代物ではないと思っていいのではないでしょうか?

保証期間が長い!

先でもお話ししましたように、ダイソンドライヤーの寿命というのは今のところわかっていません。ただ、だからといってガッカリする必要はありません。

というのも、ダイソンドライヤーは保証期間がかなり長いのです。

一般のご家庭でダイソンドライヤーを購入する場合、その保証期間は2年となります。一般的なドライヤーであれば、保証期間は長くとも1年くらいのものでしょう。保証期間が2年もあれば、万が一のときでも安心です。

ちなみに、ダイソンドライヤーは美容師の方などが業務用に購入するというケースも少なくありません。その場合には、保証期間は半年となりますので、注意しておきましょう。業務用となってくると一般のご家庭よりも使用頻度が多くなりますので、保証期間で差が出てしまうのも仕方がないと言えるでしょう。

お高いダイソンドライヤーですので、その寿命がわかっているのであればそれに越したことはありません。

ただ、寿命がわからない分、保証期間が長めに設けられていますので、安心できるのではないでしょうか?

そもそも寿命というのは、先でもお話ししましたように使用頻度や使い方によっても違ってきます。

寿命がわからなくて落ち込むのではなく、保証期間が充実していることを喜ぶべきかもしれません。

ダイソンドライヤーの耐久性は?

「保証期間が長くてもまだ不安が……」

という方もいるかもしれません。

そういう方でも、ダイソンドライヤーの耐久性について知ればその不安を払拭することができるでしょう。

というのも、ダイソンドライヤーというのは耐久性テストにかなりの力を入れているのです。

YouTubeにはダイソンの公式アカウントがあり、そこで耐久性テストに関する動画も公開されています。

動画を再生していただくのが手っ取り早いのですが、動画の中では本当に「ここまでやる!?」というくらいにさまざまな耐久性テストをおこなっています。

ドライヤーをクルクルと回すテストや延々とボタンを押すテストはもちろん、引き出しにダイソンドライヤーを入れてそのまま開け閉めするテストから高いところからダイソンドライヤーを落とすテストまで、本当にさまざまです。

たくさんのダイソンドライヤーがさまざまな耐久性テストを受けている風景は、近未来的な雰囲気すら感じさせます。

要は、数々の耐久性テストを繰り返しているので、耐久性の面で不安を抱える必要はないということです。

実際に、ダイソンドライヤーの上に人が乗っかるような衝撃的な映像もあるのです。それでもダイソンドライヤーはしっかりと耐えていました。

その動画がこちら!

ダイソンドライヤーに限ったことではないのですが、ドライヤーというのは毎日使うものですし、毎日使うからこそ耐久性が求められるのです。

ドライヤーという性質上、高いところから落としてしまうといったこともよくあります。

ダイソンドライヤーはそういったことを想定して、耐久性テストを繰り返していますし、そのテストをクリアしているからこそ耐久性の面では心配ないのです。

スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク