最新のダイソンの ホット&クールの電気代はどのぐらい?

ダイソンのホット&クールといえば、一年中を通して使えるすぐれもののハイスペック家電として人気があります。

 

夏は勢いのある風を使って涼しい空間を、冬は早く均一に部屋を暖かくしてくれるのでこれ1台で夏も冬も快適に過ごすことができるのです。

風をできるだけ遠くに届ける機能や、広範囲に広げる機能などダイソンならではの機能性がぎゅっと詰まっています。

んなダイソンのホット&クールですが、電気代はどうなのでしょうか。

 

またダイソンのホット&クールをより効果的に使う為のシチュエーションなどを紹介いたします。

  スポンサーリンク  

ダイソンのホット&クールとは?

ダイソンホット&クール

ダイソンの売りである羽のない扇風機に、部屋を暖めるヒーター機能を搭載したもので夏や冬どちらの季節でも使用できます。

 

初代として発売されたのはAM04ですが、毎年のようにたらしい機種が発売され、機能性も追加されより便利になりました。

 

最新のダイソンのホット&クールでは遠くまで風を届けて広範囲にその効果が実感できるようになり、電源ケーブル1本でどこでも簡単に使えることからとても人気があります。

例えば窓を開けている時に使っても、羽が付いていない分汚れてお手入れが大変になることもありませんし、お掃除も簡単です。

気になる汚れはさっと拭き取るだけなので、掃除が苦手な男性にもおすすめします。

掃除機に関する記事:【評判を暴露】ダイソンコードレス V10 Fluffyの口コミ|掃除機の革命!?

 

とてもシンプルなデザインや機能ではありますが、逆にそれが使いやすいといった声もあります。

ダイソンのホット&クールはダンソンが生み出したこだわりの電化製品の一つでもあります。

ちなみに意外な便利ポイントとして操作をするリモコンの本体にマグネットがついているので、

「リモコンがどこに行った!?」

なんてこともなく、使いやすいのもポイントです。

ダイソンのホット&クールの電気代はどのぐらい?

電気代

家電を購入する時に機能性はもちろんですが合わせて気になるのが“電気代”ですよね。

夏や冬を快適に過ごすためには毎日使うものですし、どんなに機能性に優れているものでも電気代が高額すぎてはとてもじゃないけど使い続けることができません。

特にダイソンは機械自体が高額なので、電気代まで高くなってしまってはコストが掛かりすぎてしまいます。

まずダイソンのホット&クールの消費電力は1200Wです。

1時間使用した場合、電気代は32.4円かかり決して安い価格とはいえません。これは1kWhあたりが27円として換算したものになりますので、地域や契約している電気のW数によっても値段は変わってきます。

32.4円として考えると3時間で97.2円、5時間で162円となると毎日使ったと換算して(30日/月)5,000円近い電気料金がかかってしまいます。

他にも生活する中で家電は使いますので、ダイソンのホット&クールだけでこれだけ電気代がかかってしまうのはあまりに現実的ではありませんよね。

他の冷房製品や暖房製品と比べてみよう!

ダイソンのホット&クールの電気代が少し割高なのはわかりましたが、他の冷房製品や暖房製品はどうなのでしょうか。

夏や冬になると毎日付けているだけで電気代が高額になってしまい、家計に響いている…なんて人もいるはずです。

⓵ エアコン

エアコン

まず「エアコン」です。

機種によっても節電機能が付いているものとそうでないもの、部屋の広さによってもエアコンの電気代は変わります。

1時間辺りで計算すると3円前後~となり格段に安いことがわかります

W数が大きくなれば1時間あたり20円~50円もありますが、1日中付けたままにしていても電気代がさほど高額になってしまうことはないでしょう。

⓶ こたつ

次に冬の風物詩「こたつ」です。

1日中つけっぱなしにしてしまうこともありますが、家族の憩いの場としては欠かせない場所ですよね。こたつの場合1時間辺りの消費電力は510W程度となります。

 

そのためこたつの強さを弱していると2.2円、強にしていると4.6円程度かかります。こたつは暖かいのでもっとするのでは?と思うかもしれませんが、実はとてもリーズナブルなのです。

 

⓷ 電気カーペット

電気カーペット

他にも電気カーペットは1時間あたり5円~10円程度、電気代が高くなると言われている電気ストーブでも10円~25円前後とダイソンのホット&クールと比較すると電気代が安いことがわかります。

こうなると本当にダイソンのホット&クールが必要なのかどうか考えてしまいますよね。

 

決して安いものではないからこそ、購入してから失敗した!

 

なんてことにはしたくありませんし、満足できるものを購入したいものですよね。

スポンサーリンク

ダイソンのホット&クールを効果的に使うためのシチュエーションは?

ダイソンのホット&クールは優れた温熱効果や冷却効果が期待できますが、それをより効果的に使うためのシチュエーションを意識するだけで、他の製品には負けない素晴らしい機能や効果が期待できます。

ホット&クール使い道

どんなシチュエーションで使用するのがいいのか具体的に紹介します。

ダイソンのホット&クールの場合は、セラミックファンヒーターに分類されます。

これは空間全体を温めるもので、比較的狭めの部屋に適しているものです。

ようは1Rや1Kに住んでいる一人暮らしの人や、家族で住んでいても自分の部屋を暖めるのに使いたい人におすすめです。

あまりに広い部屋やリビングなど開けている場所では、ダイソンのホット&クールの効果がじっかんしづらくなってしまいます。

一人暮らしで部屋の範囲が限られていて、暖房製品や冷房製品のどちらも置くと邪魔になってしまう人にもおすすめです。

ダイソンのホット&クールはスタイリッシュなデザインなので、友だちが遊びに来た時に外に出ていてもおしゃれに見えますし、狭い空間ならしっかりと温めてくれます。

また夏の暑い時期にも適度なひんやり感で寝る前に部屋全体の温度を下げたい時や、自分がいる部屋を冷やしたい時にもおすすめです。一人暮らしに最適なのがダイソンのホット&クールともいえますね。

 

ダイソンのホット&クールは電気代だけみると少し高めではあるのですが、その他の機能性やより効果的に使うシチュエーションなどを考えると、とても便利なものであることがわかります。

 

もし場所も限られるし、一年中使えるおしゃれなデザインのものを…と考えているのであればダイソンのホット&クールがおすすめですよ。

参考記事>>【※全て暴露】ダイソンピュアホットアンドクールの口コミ&評価

スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク