ネットなどで買うと安く買えるというのは、インターネットを活用することで今まで必要だった従業員を雇う必要がなくなるため、コストが下がり、比較的に安い値段で販売することができるのです。

では、ジャパネットでは安く買えますが何故なのでしょうか?

今回はその安い理由をお伝えしようと思います!

  スポンサーリンク  

ダイソン掃除機、ジャパネットはどうして安い?

みなさんはPB商品を知ってますか?

PB商品とは、『プライベートブランド商品』の略称で、商品の開発の段階から商品販売に小売店や販売業者が参加することで独自のブランドでの商品として、製品を売ることを指します。

また、OEMという言葉もありこの意味としては、他者の企業で作られた製品・商品を自社の製品ブランドとして販売するビジネスの方法があります。

普通に製品を企画して製造から販売するには、広告費・人件費・物流費など多くのコストがかかります。

PB商品というのはこれらの必要経費を低く抑えることができるのです。

コンビニやスーパーの独自のブランド商品が安い理由はこれが当てはまります。

ダイソンの掃除機がジャパネットで安い理由は、このようなビジネス手法を利用しているからです。

そのため価格を抑えることができるのです。

「安いなら良いじゃん!」

と思った方は自分がどんな製品が欲しいか明確にしてください!

そうしないと、買った後に後悔するなんてことも。

 

ジャパネトで売っている製品は『DC62WH ENT SV』となってますが

この頭の部分のDC62というモデルは、2013に発売したモデルです。

 

今発売しているのはV10です。

事実上では、3世代以上前の製品を改良して販売していることになります。

その製品自体に問題はないのですが、ダイソンの新しい製品が安く買えると勘違いする人も多いのが事実です。

ホリエモンこと、堀江貴文氏はこのようにコメントしてます。

高田社長がユニークなのは認めますが、ジャパネットの社会的意義はあるとは言えませんね。ネット通販のほうが安いし、買う必要もないものを口八丁手八丁で買わせてるだけとしか見えません。情報弱者相手のビジネスです。

引用元:NewsPicks 堀江貴文コメント

少し言い過ぎな発言かもしれませんが、事実を言っているので否定はできません。

その製品はジャパネット独自の改良をしています。

つまり、型落ちの製品をちょこっと改良してオリジナルの製品として販売することで在庫を処分するようなこと。

ジャパネットは安く販売して、消費者が手ごろに買えるメリットがあるので否定はできません。

 

ただ単純に安く買いたいことにフォーカスしたユーザーには良いかもしれません

それは性能などを犠牲にした話ですが。

 

しかし、しっかりとした正規品が本当は欲しいという人にとってみれば考え直した方が良いかもしれません。

なぜなら、大きなお買い物ですので。

性能が思っているものと違った何てことになると大変です。

ただ勘違いしてはいけないのはジャパネットは低品質の商品を売りつけいるという話ではありません。

個人的には、ジャパネットは素晴らしい企業だし、購入したことも何度かあります。

ジャパネットも良いけど、ダイソンの国内正規品を買いたい人はどこで買うのがベスト??

Amazonでは輸入品もあり、そういったものがすべて悪いとは言いませんが、私は過去にAmazonで買ったダイソン掃除機に保証が付いていると書いてあったのにもかかわらず付いてませんでした

大きな金額を出すなら、国内正規品をダイソンの公式サイトで購入することをおすすめします

しっかりとした性能や信頼。

保証もしっかりついてきますし、ダイソンの公式サイトでの一万円以上の購入した場合、全国どこでも送料無料で3営業日以内での配達になります。

公式サイトで買うと、限定モデルや公式限定特典があったりしてお得です。

ダイソンのドライヤーを公式サイトで買いましたが公式サイトの限定カラーが選べたり、特典でドライヤーのケース10,000円ほどするものが無料で付いてきたりかなり良い思いをしました。

すぐに良いものが手に入ると同時に、正規公式販売サイトなので安心感が違います。

賢い買い方は公式サイトで特典や限定モデルを買うのが一番良いでしょう!

スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク