斬新なデザインで真ん中が空洞のダイソンドライヤーの人気は劣ることなく販売台数が年々増加。

ダイソンのといえば掃除機ですよね。

「掃除機がとてつもないくらいの吸引力があるのでダイソンのドライヤーもなんかすごい風を出すことができるのでは?」

など疑問になるかと思います。

今回はダイソンのドライヤーの風量がいかにすごいかと音はどれくらいなのかを見ていきましょう!

スポンサーリンク

ダイソンドライヤーの風量

風量はドライヤー選びにおいて注目すべきポイントになると思います。

まずダイソンドライヤーの風量の強弱を設定することができます。

こちらの画像を見ていただくとわかると思いますが、

左側が風の熱さの設定で3段階。右側は風量の設定同じく3段階。

 

 

風を当てれば普通のドライヤーだと髪がなびく程度ですが、ダイソンのドライヤーは髪がなびくのはもちろん頭皮が風で見えるくらいの風圧です。

 

ドライヤーの風量を表す単位として「㎥(立方メートル)/分」。

これは1分間にどれくらいの風量を出すことができるのかを表しています。

目安として、1.3㎥/分以上だと風量の強いドライヤーと言われます

 

ダイソンのドライヤーの風量はどのくらいかというと、なんと2.4㎥/分

本体の大きさや重さは若干ありますが、髪のダメージを低減する温度調節やこの大風量はやはりダイソンはやってくれてるなという印象ですね。

 

なんでそこまでの風量がでるのか??

吸気口はハンドル手元の下部とヘッド部背面にあって、吸い込んだ空気が周りの空気を巻き込むことでその風量は3倍に増します。

 

特許技術「エアマルチプライアー」によって3倍に増幅され、高圧・高速の気流を生む。サイズは、245(高さ)×78(幅)×97(奥行)mm。重量は618g。消費電力は1,200W

Dyson Supersonicのモーターは最大約11万回転/分。

ダイソンデジタルモーターV9

ダイソンデジタルモーター V9は、ダイソン製品史上最速のモーターです。

普通のドライヤーだとヘッドの部分にモーターがありますが、ダイソンはハンドルにそのモーターはあります。

そのモーターは他社製品のドライヤーのモーターに比べて、最大で8倍高速回転することができます。

そして、その大風量からでる不快な周波数の音を抑える様な設計が施されています。

ダイソンドライヤーの音ってどのくらい?

強モードでの音は低音になっていてうるさいとは言えないくらい大風量のわりに静かになっていて驚き。

スポンサーリンク

おすすめの記事
スポンサーリンク